Monochrome Circusとの出会い 最終回〜ダブルビル

Double Bill「じゃあ、僕もやりますか」と山崎広太さんが立ち上がる。 広太さんはやおら踊り始めた。シアターコクーンで見たアンサンブルの緻密さとはまた違う印象の、衝動をぶつけるかのようなその動きは周りの磁場を一気に変える。まだその当時は、彼が舞…

Monochrome Circusとの出会い その2

ダブルビル※公演情報は下にあります。「さ、やりますか」といって坂本さんと裕子さんが立ち上がる。 二人はやおら立ち上がり、向かい合って慣れた手つきでコンタクトをはじめた。 コンタクト(パートナリング)については僕も岩渕多喜子さんのダンス公演に出…

Monochrome Circusとの出会い

彼らと知り合ったのは、もう20年以上前になるだろうか。 9.11の次の年だったか、水と油でNYに行くときに、ちょうど京都のカンパニーがACCのグラント(奨学金)をとって滞在しているという話を耳に挟み、会ってみようとなったのだった。その頃はすでにメール…

[公演情報]じゅんじゅんSCIENCE+Monochrome Circus ダブルビル

ダブルビルwww.junjunscience.net 東京での公演は3年ぶりになります。 京都のモノクロームサーカスとダブルビルです。彼らとは、もう20年以上になる交流が続いていますが、今回は久しぶりの互いのデュオを並べて上演しようとなりました。 コロナを挟んでにな…

新年

あけましておめでとうございます。 とりあえず生きております。

本番まであと少し

だなー。 書こうと思ってた本ブログも全然書かないままで、これはいかんと。 ダンスを作るのと出るのって、回路が分かれてるって話を。 作るのは、見る側としてというか観客としてみたいものを作ってる意識が強い。そんな思いで作るのはやってるんだけど、出…

ダンス小作品集「ダンスとごはん vol.5 〜大航海時代〜」

今年もやってきました京都冬の陣。 コロナになってから、東京での公演はとんとご無沙汰しているが、そんな中毎年開催されているこのイベントが僕らの新作発表の場となって久しい。アミジロウとのこのイベントも8年目に突入。毎年来てくださるお客様も多く、…

北陸ダンスフェスティバルに参加します!

来週の週末に開催される北陸ダンスフェスティバルvol.6に参加します。 以前から参加してみたかったのよね。金沢久しぶりだし。と思って公募枠に応募。作品は2年前に京都でやった「こもれび」を持っていく。ちょっと手直しをと思っていたらなかなか終わらず、…

んまつーポスに会ってきた

本番を終えて次の日は宮崎で活動するカンパニー「んまつーポス」に会いに、彼らの本拠地CandYシアター(国際こども・せいねん劇場みやざき)に向かう。 これがCandYシアター。 ちょうどコロナの前くらいかな、彼らが劇場を作ったというニュースがSNSにも流れ…

本番

いよいよ本番当日。 劇場入りしてスタッフと照明きっかけの確認。劇場の企画で動いているHさんがとにかく仕事のできる人で、照明の変更やプランニングなどもいろいろ手助けしてくれる。劇場機構を熟知しているので、「ここはあそこからの照明がいいかもです…

劇場仕込み

5月10日火曜日 朝から劇場で照明合わせ。合間に稽古場でアップやら直しやら。生音とCD音源の違いに戸惑いつつ、いくつか音を撮り漏れている箇所を確認する。 その合間にコンサートホールでは、児童向けの教育プログラムのコンサート。オーケストラを気軽に楽…

宮崎入り

朝の便で宮崎入り。羽田はそこそこ混んでいたが、飛行機は割と空いていた。 空港から劇場に直行する。雨こそ降っていないがあいにくの空模様で、本番までこんな感じらしく。ううう。 劇場に入ると、すぐにピアニストと顔合わせに。着替えて舞台に行くとすで…

宮崎国際音楽祭

出演することになった。 だいぶ昔に一度出たことがあって。その時はシャルル・デュトワの指揮でシェーンベルクの「月に憑かれたピエロ」をやった。白い衣装でピエロをやったんですよ!現代的にしてジャケットとパンツスタイルでしたけど。シェーンベルクの曲…

あれから2年

稽古を終えて、暖かくなった道を自転車で帰る。 ちょうど2年前に緊急事態宣言になり、世の中がどうなるかわからない状態に突入したなあと。あの時の先の見えない感は、いや、半端なかったっす。そこから2年が経ち、コロナが世界的にひと段落を見せるか否かと…

円安

食い扶持仕事で直面しているのが、円安。 対米ドルだけでなく、ユーロや豪ドルなどもひと月で軒並み10円以上下がっており。輸入業なので直撃を喰らっておる。期末ということもあり、忙しさに輪をかける。ひょええ。GWに予定していたギリシャのプロジェクト…

戦争と春の匂い

ロシアとウクライナの戦争が始まり、日々落ち着かない。 そんななか、明らかに今週から暖かくなってきており。春の兆しを感じる。今年はマスクのせいもあり花粉症がまだそこまでひどくないこともあり、暖かさを楽しんでいる。稽古場でのアップも楽しいが、ウ…

キラリふじみのダンスカフェ

キラリふじみのダンスカフェ。 解読すると、埼玉県の富士見市民文化会館キラリふじみで企画されている、コンテンポラリーダンスのアトリエ公演のことである。明日そこの本番に出演することになり、稽古を重ねた上で、劇場のリハーサルに臨んだ。 会場は中庭…

まん延防止等重点措置延長のなか

今週末のキラリふじみ・ダンスカフェに向けての稽古は進む。 今回はガラス張りのアトリエと称する空間での公演で、年に何回かダンスを企画しているとのこと。目の前に素晴らしい中庭を見渡せるのだが、その中庭の池(カスケードというらしく)に入ってのパフ…

ウェブサイト復活&公演情報

した。 なぜだかはわからないが、管理のサイトにアクセスしたら、普通に入れて、編集ページにたどりつき。 公演情報だけでも載せておかないと、と焦っていたのだがこれでなんとか間に合った。>©️Eriko Khalesi 富士見市民文化会館 キラリふじみ振付/髙橋淳 …

ウェブサイト

ウェブサイトにアクセスできない。 2月に小さな出演があり、その情報でも載せようと久しぶりにアクセスしようと思ったら、ウェブサイトの編集ページにアクセスできない。問い合わせると支払い情報を確認したいと返信。こちらのクレジット情報を送ると、現在…

2022年

明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。 引っ越した家で過ごす初のお正月。映画をのんびりと。 公演やプロジェクトは今年こそ延期なく実現するといいなあ。

オドリティ コゾリティ

今年も京都公演の時期がやってきた。 皆様のお越しをお待ちしております!アミジロウ企画 ダンスとごはんvol.4 オドリティ コゾリティ Facebook2015年から始まったアミジロウとじゅんじゅんSCIENCEによるダンス小作品集シリーズ。作品上演ごとにダンサー、振…

文化の日

衆議院選挙が終わった。 引っ越した先での初の国政選挙。接戦とはいえない票差で票を入れた候補が負ける。思いは色々あるが気を取り直し自分の作業に。 定例の京都企画の準備も整い、稽古を粛々と進めている。来年の準備も始めているところ。 昔の映画をよく…

新春ショーケース〜A級小倉劇場

GoToトラベル中止を受けてから一旦キャンセルしたパックツアーを取り直してむかった枝光での滞在は、とても有意義なものとなった。支配人のMさんと制作のYさんをはじめとして1年ぶりのアイアンシアターは、感染対策を施した劇場と床をリノベーションした稽古…

年末年始の移動自粛とコロナ対策

枝光本町商店街アイアンシアターに稽古場利用の打診をしたのが10月の終わり。そこからとんとん拍子に話が進み劇場主催での公演もやることになり、諸々の概要が固まったあたりで、飛行機のチケットを押さえることに。ホテル付きのパックツアーで安いものが見…

作品と創作の間

「せっかくくるなら何かやってください」 枝光本町商店街アイアンシアターの支配人兼舞台監督のMさんからの提案でショウイングをやることになった。Mさんとは10年以上前に北九州芸術劇場で作った「迷路のつくりかた」でご一緒した地元の舞台監督で、その時は…

作る以前〜リサーチのための時間が欲しい

タイトルに書いた通り。まとまった時間が何より欲しい。今年はコロナの緊急事態宣言で4月から5月末まで勤め先が休業となったので(お給料は出た!)、その時に稽古&クリエイションができればよかったのだが、世界的な緊急事態の緊迫感&稽古場も一斉に閉ま…

京都の公演も終わり年末へ

あっという間に師走。 京都の公演も盛況に終わり、いい出会いと再会の場となった。 翌週から勤め先の仕事が爆烈に忙しくなってくる。新規の問い合わせや既存案件がバリバリと進み、納品に入札。知り合いのつてを通じていただいたダンスの案件が2件いきなり大…

バタバタと

ずっと日記を書く暇もないほどに稽古と日常に追われ。 別件の仕事も舞い込み、かつてないほどに忙しく。ありがたい話ではあり、ありがたく仕事に向かってますが如何せん時間がない。体が二つあればいいのにとかいうクリシェも出てくるほどにはてんてこまいで…

芸術と芸能の間/揺れる自意識

大上段に構えるまでもなく、これまであらゆるジャンルで語り尽くされてきた問題。 マイムから始めて大道芸なんかもやりつつダンスに来た人間としては出自がそもそも地べたの芸能なのだからして、迷ってないでそっちやれやという話ではあるのだが、そもそも自…